ホーム > 初めての遠近両用メガネはこう選ぶ ...

初めての遠近両用メガネはこう選ぶ E-ZONE上越インター店で聞いてみた

=記事広告=

40〜50代になると「小さい文字がぼやける」といった目の衰えを感じる人も出てくるはず。そんな不便さを解消してくれるのが「遠近両用メガネ」だ。初めて使うにあたってどんなものを選べば良いのか、そのコツを新潟県上越市下門前の「E-ZONE上越インター店」に聞いてみた。

若い人ほどおすすめ こまめに作り替えて

1本で遠くも近くも見える遠近両用メガネ
遠近両用

「遠近両用はレンズの上部で遠くを、下部で近くを見る仕様になっています。1本で遠くも近くも見えるので、文字を読むのにメガネの掛け外しもいりません。遠近両用は高齢者ではなく、実は40〜50代の若い方にお薦め。若いほど度数が軽くて済むので、使い始めが慣れやすく、見え方も快適だからです。最初は度数が変わりやすいので、低価格のものにしてこまめに作り変えるのが一番お得です」。

初めての遠近両用キャンペーン開催中!

同店では、2018年10月8日(月)まで「初めての遠近両用メガネ応援キャンペーン」を実施中。初めて遠近両用を購入する40〜50歳限定で、好きなフレームと遠近両用レンズのセットが税別9000円で購入できる。

E-ZONEチラシ

ブルーライトカットも今ならおトク!

目にも優しいブルーライトカットレンズ
resmarttakeuchi

期間中はまた、レンズのカスタマイズもお得に。疲れ目の原因ともいわれるパソコンやスマートフォン画面からのブルーライトをカットするレンズ(通常追加料金2000円)が、半額の1000円。遠近両用レンズをブルーライトカット仕様にすれば、さらに目に優しい。

視力検査代やレンズ加工代不要。キャンペーンは長岡七日町店でも開催している。

営業時間は午前10時〜午後8時。電話025-530-7868

E-ZONE上越インター店
E-ZONE_2

E-ZONE上越インター店