ホーム > 2021/07

東京五輪出場のドイツ体操チームが上越市で合宿開始

4週間前

開幕を目前に控えた東京五輪に出場するドイツ体操チームが2021年7月9日午後10時過ぎ、直前合宿を行う新潟県上越市に到着した。一行は市内のホテルに宿泊しながら同市大潟区の市立上越体操場「ジムリーナ」で練習を行う。合宿2日目となった10日にはジムリーナを初めて訪れ、会場では地元住民ら約130人の歓迎を受けた。

バスでジムリーナに到着するドイツ体操チーム
1

上越入りしたのはドイツ体操チーム(団体)の男女各5人の代表と控え選手をはじめ、代表者、コーチ、医師ら計21人。市によると9日昼頃に羽田空港から入国し、空港検疫所で新型コロナウイルス感染症のPCR検査を受けた。全員の陰性が確認された後、貸し切りバスで上越入りした。県によると県内での各国チームの直前合宿受け入れは同市が最初となった。

10日、ジムリーナでは大潟区を中心に活動している太鼓団体「海音鼓」の太鼓演奏、ジムリーナと新しい夢を育む会、大潟区町内会長協議会、地元町内らがドイツ国旗や「ようこそ上越へ」と書かれた横断幕を掲げ、バス2台で訪れた選手団を歓迎した。

横断幕や国旗で出迎え
7

選手らが感激した太鼓などの歓迎
4

選手らは地元住民らの歓迎の様子に感激した様子。チーム代表者のウォルフガング・ヴィラムさんは住民らを前に「上越に到着できたこと、温かい歓迎を嬉しく思う。施設に入るのも楽しみ」とあいさつした。

「温かい歓迎を嬉しく思う」とあいさつするチーム代表のウォルフガング・ヴィラムさん(左)
3

歓迎を受けたチームは体操場でさっそく体を動かしていた。選手の1人、アンドレアス・トーバ選手は施設について「素晴らしく、言葉にできない」と語り、多くの歓迎を受けたことには「歓迎に刺激を受けた。ありがとうございます。地域と交流をしたかった。練習ができることをありがたく思う」などと語った。

女子選手たちの平均台
8

体を動かす選手たち
6

「練習ができることをありがたく思う」と話したアンドレアス・トーバ選手
10

合宿は今月25日までの16泊17日を予定しており、チームは連日ホテルと練習場を往復。毎日PCR検査を受けるという。当初予定していた一般向けの公開練習は感染症対策のため、実施はしない。合宿期間中は村山秀幸市長とのオンライン面会のほか、希望のあった市内の小学校11校がチームの練習をオンライン視聴する。チームの五輪出場選手は18日に上越市から選手村に移動し、控え選手らは25日まで市内に滞在し、そのままドイツに帰国するという。

関連記事

https://vu2.jjp.jp/articles/18809621 新潟県上越市は2021年6月22日、東京五輪のドイツ体操チーム(団体)21人による直前合宿を7月9〜25日の日程で行うと発表した。新型コロナウイルスの影響で、相手国側が中止したり、感染のリスクがあるなどとして受け入れを断念したりする自治体が全国で増加しているが、同市では予定通り合宿が行われる。…